edit-notes16.png2017.04.19.
ichiran16.png ⇒ ミツバツツジ ▼ ミツバツツジ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.04.16.
ichiran16.png ⇒ チューリップ ▼ チューリップ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.04.11.
ichiran16.png ⇒ ナガミヒナゲシ ▼ ナガミヒナゲシ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.04.07.
ichiran16.png ⇒ オキナグサ ▼ オキナグサ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.04.04.
ichiran16.png ⇒ 花ニラ ▼ 花ニラ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.03.31.
ichiran16.png ⇒ 沈丁花&土筆 ▼ 沈丁花&土筆

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.03.19.
ichiran16.png ⇒ ヒメリュキンカ ▼ ヒメリュキンカ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.03.14.
ichiran16.png ⇒ 菜の花Ⅱ ▼ 菜の花Ⅱ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.03.12.
ichiran16.png ⇒ ネモフィラ ▼ ネモフィラ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.03.08.
ichiran16.png ⇒ ヤブツバキ ▼ ヤブツバキ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.02.27.
ichiran16.png ⇒ アオモジの花 ▼ アオモジの花

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.02.22.
ichiran16.png ⇒ サザンカⅡ ▼ サザンカⅡ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.02.13.
ichiran16.png ⇒ 西洋サクラソウ ▼ 西洋サクラソウ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.02.10.
ichiran16.png ⇒ ロウバイⅡ ▼ ロウバイⅡ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.02.08.
ichiran16.png ⇒ ブルースター ▼ ブルースター

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.02.03.
ichiran16.png ⇒ 菜の花 ▼ 菜の花

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.01.29.
ichiran16.png ⇒ ラナンキュラス ▼ ラナンキュラス

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.01.20.
ichiran16.png ⇒ ロウバイ ▼ ロウバイ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.01.12.
ichiran16.png ⇒ セネッティ ▼ セネッティ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.01.07.
ichiran16.png ⇒ サザンカ ▼ サザンカ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.01.04.
ichiran16.png ⇒ 日本水仙 ▼ 日本水仙

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2016.12.23.
ichiran16.png ⇒ クリスマスホーリー ▼ クリスマスホーリー

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2016.12.09.
ichiran16.png ⇒ ツワブキ ▼ ツワブキ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2016.11.29.
ichiran16.png ⇒ アカマツリ ▼ アカマツリ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2016.11.22.
ichiran16.png ⇒ 皇帝ダリア ▼ 皇帝ダリア

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2016.11.08.
ichiran16.png ⇒ ウインターコスモス ▼ ウインターコスモス

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2016.11.04.
ichiran16.png ⇒ ストック(八重) ▼ ストック(八重)

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2016.10.18.
ichiran16.png ⇒ キンモクセイ ▼ キンモクセイ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2016.10.13.
ichiran16.png ⇒ ポインセチア ▼ ポインセチア

クリックで
記事が開きます


 

クリシアナ(原種系チューリップ)

クリシアナ(原種系チューリップ)

クリシアナ
馬見丘陵公園で チューリップの原種系に出会いました。 葉がギザギザで細くて 花もシャープでモダンな感じがして いつも見慣れているチューリップとは雰囲気が違っていて とても新鮮でした。描くのは難しいと思っていたのですが せっかくチューリップフエアに行ったのだから やはり描けねばと筆を取りました。
写真です(4月13日撮影)
クリシアナ写真1
クリシアナ写真2
スポンサーサイト
Guide
 
 

ミツバツツジ

ミツバツツジ

ミツバツツジ
枝先に3枚の菱形の葉を付ける落葉種(一部常緑種も有る)
先日 馬見丘陵公園に行った時 出会った花です。 以前何度か見た事が有りますが 名前がはっきり分からずに眺めていたように思います。今回 葉が菱形である事も判明 赤紫色の可憐な姿を眺め この花の美しさを再発見 透き通るような花弁に早春の爽やかさ感じる事が出来ました。
写真です(4月13日撮影)
ミツバツツジ写真1
ミツバツツジ写真2
ミツバツツジ写真3
ミツバツツジ写真4
Guide
 
 

チューリップ

チューリップ

チューリップ
先日 友達に誘われ 馬見丘陵公園に行って来ました。丁度 チューリップフェア―開催中で 平日にもかかわらず 沢山の人が来ておられました。曇りのち晴れの天候で 暑くも寒くもない 絶好のお花見日和で 鶯のさえずりを聞きながら 満開の桜と共に 見事なチューリップを堪能して来ました。
写真です
馬見公園Ⅰ写真
うまみ公園写真2
うまみ公園写真4
うまみ公園写真5
うまみ公園写真3
モデルです
Guide
 
 

ナガミヒナゲシ

ナガミヒナゲシ

ナガミヒナゲシ
大好きな花が彼方此方に咲き出しました。
以前  我が家に引き抜いて持って帰り主人に怒られました 案の定 翌年から増えすぎて困り 結局 毎年 引き抜く事になり 今は 1本も生えて来なくなりましたが もう1度育てたくなりました でも 叱られるので描くだけにしておきます。
今回 アップの姿で 大きく描いてみました。
写真です(4月10日撮影)
ナガミヒナゲシ写真
Guide
 
 

オキナグサ

オキナグサ

オキナグサ
キンポウゲ科 耐寒性多年草 花期 3~5月頃 開花後に出来る種子に長い白い毛が有り 翁の髭のように見えるから オキナグサと呼ばれている
我が家の古株です 毎回 いつ買ったかを記録していないので古株でごまかしていますが 記録をもっとまめに残さなくてはと思う反面 すぐ枯らす花も有るので マー良いか・・で来ています。
耐寒性多年草は長持ちするので せめて そのような花だけでも買った月日を記録すべきですね 反省しています。
写真です(4月5日撮影)
オキナグサ写真
Guide
 
 

花ニラ

花ニラ

花ニラ
ネギ亜科 ハナニラ属 多年草 ベツレヘムの星とも呼ばれる

数年前 家の前のスイミングスクールが取り壊される時 花の上にコンクリートの破片が落ちて来て 余りにも可哀想だったので 拾って帰りました 2つのプランターに植えて有ったので 1つは近所の友達の所に託しました。
我が家は 私の年齢を考えて 最近 増えすぎた植木の処分をしているので 多分 捨ててしまったのだと思います まったく姿を見せなくなりました 所が 友達宅はどんどん繁殖し 彼方此方の植木鉢に 今盛りと花を咲かせています 友達に事情を話し 一鉢だけ里帰りさせて貰う事になりました。ヤレやれ!
写真です
花ニラ写真
Guide
 
 

沈丁花&土筆

沈丁花&土筆

土筆
ツクシ
友達に誘われて 奈良の馬見丘陵公園に行って来ました 3年程前から つくしを見たいと思っていましたが 上手く出会う機会が有りませんでした たまたま 友達との電話で つくしが出ているよーと教えて貰い 是非見たいと思っていたら その電話のあくる日 学生時代の友達と馬見丘陵公園に行く事になり 思いがけず 古墳に芽を出しているつくしを見つけ 少し採取し絵にしました。 描いた後 佃煮にしましたが 以前 沢山 作り過ぎ 袴を取るのに難儀し 結局 沢山作って瓶詰めにしたものの 冷蔵庫に保存しなかった為にかびを発生させ 苦労して作った佃煮を全部捨てたという苦い経験が有ります 今回は 少しだけ採取し正解です ほんの少しの佃煮もまだ残っています そんなに 食べられるものでは無いですね 季節感を味わうだけです。

沈丁花
ジンチョウゲ
以前から描きたかった花ですが 沢山の花に惑わされて 構図を決め兼ねていました ある日 散歩の途中のお宅の玄関に 匂い香しいジンチョウゲを見つけました その時撮った写真にヒントを得て構図を決め 今回 やっと描く事が出来ました。

スキャナ―の故障で暫くブログを更新できませんでしたが やっと 修理が終わり何時も通りに更新出来る様になりました  これからもマイペースですが更新していきたいと思います 宜しくお願い致します。

ツクシ(馬見丘陵公園 3月23日撮影)
ツクシ写真
ジンチョウゲ(自宅近くにて 3月11日撮影)
沈丁花写真
Guide
 
 

ヒメリュキンカ

ヒメリュキンカ

ヒメリュキンカ
キンポウゲ科 キンポウゲ属   開花期 3~5月  草丈 5~10cm  イギリスからロシアにかけて自生する植物なので 耐寒性も強く丈夫

スズランと同居している鉢で 上手い具合に開花時がずれ 毎年 今は この花が咲いてくれています。
日が当たらないとすぐ花弁が閉じてしまい 日当たりが良いと全開し だらしなくなります 描くタイミングが難しい花なので 丁度良い構図になった時 写真に撮って置き 描く時は実物と比べながら描く事にしています。
写真です
ヒメリュキンカ写真
Guide
 
 

菜の花Ⅱ

菜の花Ⅱ

菜の花Ⅱ
近所の友達が 『菜の花が咲いたから描かない?』 と 何時も 私が 描く花を探しているのを知っていて わざわざ持って来て下さいました。その方は 食にこだわる方で 山の湧水をわざわざ汲みに行かれたり 農家の畑に大根を収穫に行かれたりなさる方なのです その時 農家の方に 菜の花の苗を頂かれたものだそうです。
廻り回って 菜の花を描かせて頂いた事に感謝です。
写真です
菜の花Ⅱ写真
Guide
 
 

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ
ハゼリソウ科(ムラサキ科) 草丈 10~30㎝ 開花期 3~5月

大好きな花で 昔 描いた事が有りますが 又 描きたくなり コーナンで購入しました。
買った時は暖かく すぐ植え付けをしてと思っていたのですが 明くる日から 雨の上 気温も下がり 植え付けのタイミングを逃してしまい 何時になれば描けるかと心配していたのですが やっと 植え付け落ち着いたようです でも まだまだ 花が少なく寂しい状態ですが 待ちきれず描きました。
写真です
ネモフィラ写真
Guide
 
 

ヤブツバキ

ヤブツバキ

ヤブツバキ
今年も我が家のヤブツバキが沢山の花を付けてくれました 大好きな花なのですが描くのは苦手です  特に 我が家のヤブツバキは選定が悪いのかどうか分かりませんが 枝が短くて絵にするには 動きが少なく描きにくいのです。
困って 昨年は 散歩道のよそ様の枝の健やかに伸びた椿を描かせて頂きました その時の絵と見比べて やはり我が家の枝は 私の様にチンチクリン 余り姿の良い枝ぶりではありません ひょっとしたら 椿の種類が違うのかも知れません でも せっかく咲いてくれているので 愛をこめて我が家のヤブツバキを描きました。
今回は 筆に水を多い目に含ませて滲みを楽しみました。
写真です
ヤブツバキⅠ
ヤブツバキⅡ写真
Guide
 
 

アオモジの花

アオモジの花

アオモジの花
クスノキ科 花期 3~4月 花言葉 「友達が多い」
何時もの散歩道を歩いていると 玄関に趣味の良い花を置いておられる家が有ります 通る度 そっと眺めさせて頂いていたのですが たまたまその日 玄関から奥様が出て来られ話をする機会が有りました。
花好きな者同志話が弾んでいたら 急に 私の名前を旧姓で呼ばれ『小学校の同級生の○○さんでしょ 家の商売は△△でしたね』と言われ びっくりしました なんと 後で調べたら 小学校3年生の時のクラスメイトだと判明 でも かれこれ60年近く会っていないし 当時大の仲良しでもなく 申し訳ない事ですが 私は その方の存在すら忘れていたのです。
それから 何度か その方の家の前でお目にかかる機会が有り 「花の絵を描いているけど花探しが大変だわー」 と話をしたら 『今 玄関に飾っている木はアオモジと言う木で 今は青い実の様だけど蕾で これから花が咲くのよー』と教えて下さいました それから 暫くして 我が家に 枝を切って持って来て下さいました。
『寒くてなかなか蕾が開かないから 暖かい部屋で早く花が咲くようにしたけど どうかしら?』 少々風邪気味で体調も思わしくないのに 寒い中 わざわざ訪ねてきた下さった友達に感謝です。
たまたま この木の花言葉が「友達が多い」 調べて再度びっくりしました。
写真です
アオモジの花写真Ⅰ
アオモジの花Ⅱ
Guide
 
 

サザンカⅡ

サザンカⅡ

サザンカⅡ
日替わりで春と冬がやって来るような日々に翻弄されて花探しも思うように行きません。
先日 大阪城の梅林に出掛けたのですが 早咲きの梅はほぼ満開でしたが 赤い花はまだ蕾が多く残っていました でも 足元には日本水仙が美しく咲き誇っていて梅林を華やかにしています。 
沢山写真を撮ったものの 何となく描く気がせず 結局 花の少ない時期に目を楽しませてくれたサザンカが終わりを迎えようとしている姿に心惹かれ 感謝の気持ちを添えて 今年 2枚目になりますが描く事にしました。
写真です
サザンカⅡ
Guide
 
 

西洋サクラソウ

西洋サクラソウ

西洋サクラソウⅠ
近所のお宅の西洋サクラソウを描かせて頂きました。
毎年お友達に 種から育てられた苗を貰われるそうです 私も以前 チャレンジしたのですが 1度だけ芽が出たものの上手く育たなくて 諦めて 園芸店で毎年苗を買っていたのですが うどんこ病にかかりやすい花で 最近は よそ様の花を見せて頂いています。
最初の絵は 以前描いた構図と似ているので ↓もう1度描き直しました。
西洋サクラソウⅡ
Guide
 
 

ロウバイⅡ

ロウバイⅡ

ロウバイ                                                              最近 農業に携わる若者が増え 我が家の近所にも 若くてイケメンの八百屋さんが出来ました 始め 男前は愛想が悪いかと思っていたのですが とっても感じの良い方で 今では すっかり意気投合 冗談の言える仲になりました。
お客さんのいない時 雑談をするのですが 奈良方面の道の駅で買った野菜の話をしていると 偶然 同じ道の駅に収めている農家さんから野菜を仕入れおられる事が判明 電車賃を使い 重たい思いをして持って帰って来た事が笑い話になりました。
野菜以外に花も置いておられますが 今回も 先日 寒い中 「奈良県営馬見丘陵公園」にロウバイを見に行ったけれど 雨に降られるし ロウバイも2本しか見る事が出来なかった話をすると 『ロウバイ有るよー』と言われ まだ束になったままの数本のロウバイを見せられました 1本150円 勿論迷わず買い 早速描きました。
写真です
ロウバイ写真
Guide
 
 

ブルースター

ブルースター

ブルースター
玄関先の花を春の花に置き換えようと思い ホームセンターに出掛けたものの 余りの寒さに せっかく買った花も枯れてしまうのでは?と心配になり 苗を買うのを止めて切り花コーナーの所に移動しました そこで 大好きなブルースターを見つけ 迷わず買い求めました その日は本当に寒くて雪でも降りそうでしたが 雪にはならず冷たい雨の日になりました。
写真です
ブルースター
描いてから写真を撮ったので 右上についている 半開きの後姿の花が全開しています 水上がりがよく 今日は又 姿を変えている事でしょう。
Guide
 
 

菜の花

菜の花

菜の花
寒い寒いと言っている間に 春の花が咲き出しました。何時もの散歩道に咲いている花ですが 花好きのおじさんが植えられた花です 本当はおじいさんなのですが 私自身も お婆さんと言われたら嫌なので あえておじさんにしておきます 年齢を重ねると 精神的に強くなった部分と傷つきやすくなった部分が有ります でも ほとんどが強くなったかも知れません そうでないと 古希まで生き延びれませんものね 人間100才まで生きると言われる時代に入りました 後 30年 どのような人生が待っているのでしょうか? 多分 星の王子様が表れて再婚することも無いだろうし ただ 健康に過ごせる事を願うだけです。
写真です
菜の花写真
Guide
 
 

ラナンキュラス

ラナンキュラス

ラナンキュラス
キンポウゲ科
余りの寒さに 何をする気にもならず 散歩道に咲いている花を眺めつつ 気持ちが描きたいと思える時まで待ちました やっと  春の訪れを感じられたのか描く気になりました。
写真です
ラナンキュラス写真
Guide
 
 

ロウバイ

ロウバイ

ロウバイ
寒くて家に閉じこもりがちでしたが 昨日 大阪城に散歩に行って来ました。何時もと違うコースを歩いていると なんと!描きたかったロウバイの木を見つけました。今まで 梅林の中のロウバイしか存在を知らなかったのですが 人通りの少ない静かな場所に しかも 囲いも何もない所なので 好きなだけ近づき ゆっくり観察する事が出来ました と言っても  難しい花なので上手く表現出来ていませんが・・・・兎に角描けてうれしいです。
写真です
ロウバイ
ロウバイ写真2
ロウバイ写真3
足元にスイセンが咲いていて とっても素敵な所を長い間知らなかったなんて 本当に損をしていました たまにはコースを変えて歩くのも良いものですね。
Guide
 
 

セネッティ

セネッティ

セネッティ
キク科 べリカリス属 花期 11~5月 本来は多年草ですが 夏の暑さに弱く 夏には枯れる1年草扱いの花

昨年9月の末 大阪城公園の植木市で 店主のおじさんに勧められて買った小さな苗が順調に成長し 大きな株になり 沢山の花をつけてくれました 喜んでいたら いつの間にか 一枝折れてしまっていました。
余りにも大きくなり過ぎ 構図に悩んでいたので 丁度 折れた一枝を描く事で構図が決まりました。でも 寒波で寒い日が続く中 この寒々しい色の花をアップし ご覧になった方々に寒々した思いをさせるのでは?と戸惑いましたが思い切ってアップ・・・・ご免なさい! 寒いー。

写真です(2016年12月19日撮影)
セネッティ写真
セネッティ写真2
Guide
 
 

サザンカ

サザンカ

サザンカ
昨日の寒さとは一転 今日は風もなく穏やかな日和となりました。親子共々 成人式とは無縁の歳になってしまったので退屈な一日になりそうです。

この時期は まだ花の種類も少なく 散歩道で目を引く花はサザンカです。 毎日 散歩をしながら 絵になる枝ぶりを探しながら歩いていましたが やっと 構図が決まり描きました。
写真です
サザンカ写真

Guide
 
 

日本水仙

日本水仙

日本水仙
明けましておめでとうございます。 
昨年は ご多忙の中 マイブログを訪問・コメントを頂き 有り難うございました 今年も宜しくお願い致します。
皆様にとって 恵み豊かな新年となりますように お祈り申し上げます。

昨年 9月末植えた球根が 12月中頃から咲きだし 新年の書き始めまで咲いているか心配でしたが 何とか 咲き続けてくれました 感謝!
写真です
日本水仙写真1
モデルです
日本水仙写真2
3球植えたのですが 残念ながら2球しか花を咲かせてくれませんでした。
Guide
 
 

クリスマスホーリー

クリスマスホーリー

クリスマスホーリー
我が家の老木クリスマスホーリーが 毎年真っ赤な実を付けますが 残念ながら 今年 枝に病気が発生し 何やらぶつぶつした物が すんなりとしている筈の枝にまとわり付きました 気持ちが悪いので 思い切って処分しようと思ったのですが クリスマスの雰囲気を演出してくれるこの木は 貴重な存在なので残すことにしました。

いよいよ明日はクリスマスイブ そして数日で新年を迎える事になりました。
今年一年 未熟な絵を見て下さいまして 本当に有り難うございました。
年々 歳を重ねるごとに 動作が遅くなり 掲載する絵の数も減りましたが もう暫く 認知症予防の為に 絵を描き続けたいと思っています どうぞ 新年も 宜しくお願い致します。

皆様にとって 新しい年が 恵み多き年になりますように お祈りしております。

写真です
クリスマスホーリー写真
老木になると 角ばった葉の角が取れて 丸みのある葉に変化します 私も 歳を重ねて 丸みのある人間になって行ければ良いのですが・・。
Guide
 
 

ツワブキ

ツワブキ

ツワブキ
毎日 食事の支度や雑用で一日が アッという間に過ぎて行きます 気がつけば 今年も残す所後わずか 先日 あるテレビの歌番組で『どうか 良いお年を…』なんて まるで 大晦日の様なご挨拶 いくらなんでも 早すぎるのでは?と思ってしまいました。
余りも月日が早く過ぎて行くのに戸惑っている間に ツワブキが盛りを過ぎ 最近は 見かけなくなってしまいました 何とか ご近所の玄関に咲いていた花を見つけ描く事が出来ました ヤレやれです。
写真です
ツワブキ写真
Guide
 
 

アカマツリ

アカマツリ

アカマツリ
イソマツ科 多年草 赤色のルリマツリ 原産地 アジア南部 東インド 非耐寒性常緑小低木 

園芸店で 「 可愛い― ♪」と 思わず手が伸び買ってしまったのですが 調べると 非耐寒性だと分かり がっかり! せっかく買ったのに 玄関先に置く事が出来ず 玄関内に取り込んでいます 慌てて 又 玄関を飾る花を買いにコーナンに走りました。

アカマツリを持ち帰りよく見たら 我が家にも有る大好きな「プルンバーコ(ルリマツリ)」に似た花だと思ったら ネット検索で赤色ルリマツリだと判明 やはり 好みの花を知らず知らずに選んでいたようです。
同じイソトマ科で名前も共通していますが アカマツリはルリマツリのように 花がドーム状に集まらず 長く花穂を形づくる所と 葉の1枚1枚が大きく5~10cm位になる所が違います。
写真です。
アカマツリ写真
寒いから元気が有りません。
Guide
 
 

皇帝ダリア

皇帝ダリア

皇帝ダリア
キク科  テンジクボタン属(ダリア属)  原産地 メキシコ~中米  丈 1~6m 多年草      花期 11月下旬~12月上旬 その他の名前 ツリーダリア                                                               
大分前からから引いていた風邪引きが直り  気になるインフルエンザの予防接種を 昨日 やっと接種する事が出来ました ヤレやれです。
17日 郊外の友達の所に遊びに行った途中 皇帝ダリアが彼方此方で咲いていました 都会と違い 広い庭のお宅で伸び伸びと咲いている花姿は 青空をバックに清々しく感じられました。
写真です
皇帝ダリア写真
Guide
 
 

ウインターコスモス

ウインターコスモス

ウインターコスモス
キク科 別名 ヒデンス・ウインターコスモス

コスモスと名が付いたら 全て好きな私ですが この花は丈夫で 3年前に寄せ植えの1本として買ったものです 花が終わると短く茎をカットし そのままにしておくと 又 新芽が出て 毎年 花を付けます 本当に世話いらずの花です。

昨日は冬至 今年も秋は短く 夏からすぐ冬になってしまった様な気候ですが 扇風機とストーブが同居している風景は ひょっとしたら 彼方此方の家庭で見かける風景かも知れません 我が家も 扇風機を片づける前に 冬支度に追われ まだ 扇風機が片付いていません 私は食事の担当 下手に手を出すと叱られるので 主人が片づけてくれるのを気長く待つ事にしまよう。
写真です
ウインターコスモス写真
Guide
 
 

ストック(八重)

ストック(八重)

ストック
アブラナ科 和名 アラセイトウ 原産地 南ヨーロッパ 草丈 20~80センチ
毎年開催される 大阪城公園の植木市で 9月末に買い求め 植え付けて落ち着いた頃に描こうと思っていたら 余りの寒暖差の激しさに体が付いて行かず とうとう 風邪を引いてしまいました 何年振りかで 唇に熱の花を作り 花探しどころでは無くなり 静かに家事だけをこなし 絵を描く気持ちになるまで辛抱していました。 何とか枯れ落ちるまでに描く事が出来 ヤレやれです。
写真です
ストック写真
絵では 前に有る短い枝を 後ろに持って行きました。
Guide
 
 

キンモクセイ

キンモクセイ

キンモクセイ
モクセイ科 モクセイ属  中国原産 日本には江戸時代に伝来  常緑小低木 

秋の訪れを告げる花が 咲き出しました。今年の猛暑に かなり木が痛んだようで 花が咲くか心配していたのですが やっと 甘い香りと共に オレンジ色の可愛い花を付けてくれました。
彼方此方で咲いているので 我が家の屋上まで 何となく香って来ます。 日中 真夏日の関西ですが 来週は 気温も下がり 秋らしい気候になりそうです。
Guide
 
 

ポインセチア

ポインセチア

ポインセチア
ガーデン用に特別栽培された強い苗  苗ポット(マルチポット)のまま植え付ける 

真夏日から一転 秋と言うより 初冬を思わせる気温に戸惑っています。
まだ 冬支度もしていないのに このままだと 風邪を引いてしまいそうで怖いです。

散歩道にも 買い物途中にも 描きたい花が見つからず 仕方なく 園芸店に走りました。
でも そんなに買いたい花も見つからず 仕方なく クリスマスカード様にと ポインセチアを買いました。
説明書には 強い苗と書いて有りましたが 冬越しは難しいのではと思っていますが 説明書をよく読んで育ててみたいと思います。
Guide
 

Menu

画像Clickで記事ページ

タイトルClickでページ内移動

検索フォーム

キーワードで記事を検索

 

プロフィール

Author:ケイコ
FC2ブログへようこそ!
大阪在住の主婦です
墨と顔彩を使い葉書や和紙に大好きな花を描いています。
PCは得意では有りませんので あまり目新しい事は出来ませんが ボツボツと描いたものを アップしていきたいと 思っています。宜しくお願い致します。

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード